看護師転職〜不満と不安を解消するために

看護師が転職を考えるとき

 

看護師が転職を考えるとき、そのきっかけは様々です。

 

中でも多いのは、看護資格を取得し、看護師として働き始めたものの、理想と現実の差が激しく転職したいと思う、ということです。

 

実はこれは看護師についた人であれば誰もが一度は経験するといいます。

 

 

看護師が転職したいと思う理由は様々ですが、最も多いのは給料アップです。

 

次に仕事がつまらない、仕事に意欲を感じられない、別のタイプの施設で働きたい、残業や休日に出勤日数などの待遇改善、人間関係の良好な職場で働きたいというものです。

 

つまり転職することで、休日や勤務形態、人間関係などの周辺環境を、転職することで満足度の高い環境に変えたいという期待がこめられています。

 

特に給料が低いという理由は、仕事に見合った給料をもらえていないという意見が目立っています。

 

度重なる残業、変わるシフト、患者さんやスタッフとの関係性、失敗はできない重圧など、看護師にとって仕事からの重圧は心身ともに疲れてしまいがちです。

 

このようなことが、別の職場に自分を高められる、ライフスタイルを幾分か楽にしてくれるという期待へと変わるのです。

 

 

看護師としてどのように働きたいのか

 

看護師として転職を考えるのであれば、まずは転職したときにあなたがどのように働きたいのかをはっきりさせましょう。

 

そのためにはまず職場を変わりたい理由、希望する条件を箇条書きでいいので書き出してみるのです。

 

なぜ転職しようとしたのか、条件はなにを望んでいるのか、いつ頃したいのか、どこで転職したいのか、どのくらいの収入がほしいのかまとめて見ましょう。

 

求人を探すのはそれからでも遅くはありません。これらの条件がそろったら、自分で求人を探してもいいですし、看護師の求人を紹介してくれるサイトやハローワークを頼ってみるといいでしょう。

 

無事に採用試験を通過し、新しい職場に入っていくとき、また仕事を変わりたいと思わないですむためにも、あなたが転職を考えたときのことを忘れないでください。