看護師転職〜不満と不安を解消するために

看護師が職場に不満を持つとき

 

看護師が職場に対する不満を持つとしたらどのようなことでしょうか。

 

その不満というのはひとつに収まりません。看護師の仕事には昔3Kという言葉がありました。

 

汚い、キツイ、危険の3つの頭文字からとられたものです。

 

これは事実ですから変えようがありませんし、不満も想像以上にありますので、どのような職場に対する不満があるのか、一部後紹介します。

 

 

1つ目はサービス残業の多さです。

 

サービス残業をしているという人は多く、またほとんどの職場でサービス残業を強いられているという意見が多いです。

 

また残業代を請求しようとしたところ、今従事している仕事自体が時間内で終われる仕事だから改善するようにと逆に注意を受けたという人もいます。

 

 

2つ目は休日の少なさです。

 

有給休暇、希望休日取得日が通らないことが不満につながることも多いです。

 

職場の中には有給休暇はあってないものという認識がある場合も多く、ベテランであればあるほど優先されて休みの希望が通りやすいということが多くなります。

 

そのため子どもの行事に参加できないというような看護師も多く見られます。

 

 

3つ目は仕事内容への不満です。

 

いやな業務ばかりやらされる、仕事量がほかの人よりも明らかに多い、家に持ち帰らなければならない仕事があるというように、どう考えても理不尽だという不満から転職を考える看護師は多くいます。

 

 

求人先の職場の雰囲気を知ることが大切

 

こうした職場への不満は新人であればあるほど多く見られる傾向にありますが、ベテランでも同じような不満を抱えていることはあります。

 

自分だけということではない、誰もが不満を抱えているということです。

 

職場の待遇改善を望んで転職をするのなら、求人を出している職場の雰囲気を知ることも大切です。

 

職場の雰囲気や待遇が希望に合わなければまた不満が募ってやめることになります。

 

たとえば転職エージェントなどはこうした職場の雰囲気や待遇を知っていますので、頼ってみるのもいいでしょう。

 

職場への不満から転職を考える方は一度対処方法を考えてみたいものです。